忍者ブログ
Admin / Write / Res
[7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

出産するとどうしてお金がたくさんかかるのでしょう

それは分娩は病気ではないからというのが理由らしいのですが
少子化の傾向があったので、国からはその分
お祝い金としてお返しすることにしたそうなのですが
それにしてもセコイ

ちょうどかちょっと赤字ですよね
少しくらい生活に余裕ができるくらいの
お祝い金をあげても罰は当たらないのではないでしょうか

共働き夫婦も、出産さんしてからは暫くは働けないのですし
少しくらいは余裕があれば子供をもっと作る気になるのではないでしょうか

出産するまでにも検査でもお金がかかりますよね
検査で大体一月に1万円はかかりますし
生まれるまでに10万円近くのお金がかかります

それ以外に切迫流産の方など入院費もかかります
予知できないことがたくさん起こるかもしれませんし
それを考えて蓄えがないと不安なのでやはり
子供を作るのを躊躇してしまうのです

そんな世の中ってどうなのでしょう
これからの未来・地球は子供達が支えていかなければ
ならないのに、こんな社会では子供も作れなければ
夢も持てません

子供ができたのなら、せめて2人は兄弟は欲しいです
兄弟はいろんなことを話し合い、大人になって支えあうことが
できますし、お互い心強い存在になることでしょう

ところで出産祝い金のお話ですが
その地方によって手当てが他にあるらしいですが
国から今貰えるお祝い金は38万円らしいです
もう少しおおくいただけたのなら、もっと子供を産むのではないでしょうか

出産祝いにはやはり現金が一番ですね
近所の方々にも内祝いをお配りしなければなりませんので
それを考えると、たくさんいただきたいです

として話が終わりますと
とてもいやらしい感じのブログになってしまいますので
お金ではない気持ちなのだと、いうことも伝えたいと思います

出産してすぐに甘い物をもってお見舞いにきてくださる
これが凄いありがたいのです

実家のお母様がお手伝いに来てくださるのも
とてもありがたい気持ちです
こうやって気持ちもちゃんといただいておりますし
嬉しいものです。

でも何かあった時にはお祝いは現金が喜ばれるということも
頭に入れておきたいですね

http://www.11newbaby.com/
http://www.11newbaby.com/出産内祝い
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ カレンダー ♥
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
♥ フリーエリア ♥
♥ プロフィール ♥
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
♥ RSS ♥

Copyright (c)出産祝いの選び方の研究 All Rights Reserved.
Photo material by Kun  Material by MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]